白髪は警告?急に増える原因まとめ(前髪・後頭部)意味

白髪は警告?急に増える原因まとめ(前髪・後頭部)意味

大前提ですが。

白髪の原因は、加齢です。

加齢が最大の原因で、次は遺伝、次にストレスです。

詳しくはこちらで記事にしています。

それ以外に考えられる原因を疾患的な観点から何かあるかな?というのが、今回の内容になっています。

とはいえ、大前提は加齢です。

くろ

最近近眼が酷くなってきた、それは加齢(老い)のシグナルです。

それと一緒に来る白髪の場合は、老いに関して向き合う必要があるかもしれません。

そうじゃないのにという場合は、読み進めてみて下さい。

目次

白髪は警告?急に増える原因

悪性貧血(巨赤芽球貧血)

チロシナーゼの減少は加齢が原因になります。しかし、色々な身体の不調からもチロシナーゼは少なくなってしまうのです。

ビタミンB12欠乏で、チロシナーゼが減少します。

過度なダイエット、栄養不足でビタミンB12が減少して、白髪になる可能性もあります。

甲状腺機能低下症

ホルモンを司る甲状腺の疾患、メラノサイトもホルモンの一種なので影響を受ける事があります。

甲状腺機能低下の場合の主訴は、白髪ではなく、一般的に、無気力、疲労感、むくみ、寒がり、体重増加、動作緩慢、記憶力低下、便秘などがあります。

しかし、白髪から気づくことはほどんどないと思われます。

白髪や脱毛などといった症状が出る場合があります。

腎不全

血液を老廃物を取り除くことができなければ、全身に様々な異常をきたします。

これらが原因の場合は、病院での治療が必要になるので、外来を受診することが第1選択です。

こちらも、主訴としては倦怠感、排尿出来ないなどになるので、白髪から気づくことはまれです。

前髪白髪かたまり

私がこれでした。

一時的に急激にストレスを受けて発症しました。

25歳の頃に、離婚を経験した時に、一気に前髪に白髪ができました。

前髪白髪かたまり

ホルモン関連の反射区でもあります。

ストレスを受けると、副腎からコルチゾールが分泌されます。

くろ

短期間ならいいのですが、コルチゾールの長期的な分泌の場合、免疫系・中枢神経系・代謝系など、身体のさまざまな機能に影響を及ぼします。

前髪白髪意味

私ひとりの事例でお話ししても仕方ありませんが、ホルモン関連の反射区でもあります。

強いストレスで、前髪に白髪のかたまりが出来た方は他にもいらっしゃいます。


後頭部に白髪集中

後頭部の反射区としては、腎臓(副腎も)、肝臓、膀胱、脳下垂体などがあたります。

反射区に何か問題がありそうな場合は、調べてみるのもいいかもしれませんね。

しかし、基本的に部分白髪は、ストレスかなっと個人的には思っています。

白髪抜くと増える

これは迷信と言われることもあるのですが、そんなことはありません。

白髪抜き専門店というのがあるのですが、これはマッチポンプに当たるんじゃないかな?

自分で白髪を増やす行為になるので、辞めることをおすすめします。

白髪を抜くと、直接白髪が増えるわけではありませんが、毛根がダメージを受けます。

1つの毛根から2~3本くらい、髪の毛が生えているわけですが、そのダメージは毛母細胞を傷つけます。

毛母細胞のダメージは、ゆくゆくは白髪や薄毛を助長することにもなるでしょう。

また、何度も何度も抜いてしまうと、脱毛症を起こすこともあります。

白髪急に増えた20代

結論ヘアカラーです。

ヘアカラーの1材アルカリ剤と、2剤の過酸化水素で髪は白髪になります、それどころか薄毛になります。

1剤のアルカリで髪のキューティクルを開いて、2剤の過酸化水素で色を髪の毛に入れていきます。

髪の毛も、弱酸性の状態がいいです、それを1材のアルカリ剤で、PHをアルカリに傾けます。

しっかりとケアしないと、アルカリ状態の頭皮になってしまい、ダメージを受ける事になります。

アルカリも頭皮に残るのが良くないですが、過酸化水素でも白髪や薄毛は進行します。

過酸化水素とは、いわいる活性酸素に変化します。

くろ

活性酸素は、老いの原因だと言われている物質ですね。

酸化を促す物質、錆びの原因ですね。

頭皮が錆びた状態になります。

つまり、禿げます、白髪になります。

20代で過度なヘアカラーは、白髪を招く結果になる可能性は十分にありますね。

白髪は警告?急に増える原因まとめ

基本的に、疾患が疑われる場合は、病院です。

しかし、白髪が出る前に、体調不良が起きているはずです、今までの症状を振り返ることが先ですね。

しかし、白髪もショッキングなモノです。

白髪があるだけで、実年齢よりも5歳から10歳老けて見えるというデータもあります。

対策したい場合は、おすすめ方法は、コチラ。

過酸化水素ではなく、メラニンで染める新技術です!私も試してレビューしています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる