白髪が少ない人は白髪染めをしない方がいい理由と対策

白髪が少ない人の白髪染めはその手があったか!おすすめの方法

最近白髪が気になってきたけど、量が少ないから、対策方法が難しいなってことありますよね。

くろ

私も「部分白髪」なので、コスパのいい方法ないかなと色々と試したので、今回はおすすめ方法をご紹介です!

ですがその前に、そもそも白髪染めのリスクを知って欲しいです。

目次

白髪染めをしない方がいいのでは?

極論ですが、白髪染めにはデメリットもあるので、多少の白髪の場合は放置でもいいと思っています。

私の場合は、結局今染めていますが、染めるという選択肢以外も色々とあることを再確認して行きませんか?

よく見なければ分からない白髪は、他人には分かりません!

これ、私が色々と調べているうちに思ったことの1つです。

自分の顔や身だしなみは非常に気に留めているのですが、他人はそこまで気にしません。

友人の数本ある白髪って、どこに生えているか把握していますか?

そんなの気にしないですよね?

くろ

近くに行かなければ見えないような白髪は、ないのと同じです!

ですので、一回落ち着いて、いつもより鏡から一歩離れて自分の髪を見てみて下さい。

その状態で見えなければ、ないのと同じ、無理に染めないで置きましょう!

とはいえ、私もそこそこ白髪があるので染めています、いや染めたいよと言う方は読み進めて下さい。

白髪染めはしない方がいい

どこまで白髪染めさせたくないの?

という声が聞こえてきそうですが、白髪染めはしない方がいいです。

白髪染めに限らず、ヘアカラーには髪だけでなく肌にも良くない成分がてんこ盛りです!

  • ジアミン
  • 界面活性剤
  • 過酸化水素水
  • ラウレス硫酸
  • パレス硫酸
  • シリコーン
  • パラベン
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • ニトロベンゼン

上記のような物が入っていることが多いですし、それらは身体にも髪にも良くありません。

なので、基本は髪は染めないことをおすすめしております。

とはいえ私は染めていますが、それはこれらが入っていないものを選んでいるから使っています。

ですので、まずはこれらを検討してヘアカラーをするという選択に進んで下さい!

少ない白髪対処法

  1. 染めない(何回言うの?)
  2. 切る
  3. 食べ物で根本的な解決

①は何度も伝えているので、良いのですが、②はいいですね!

間違えてはいけないのが、抜くではなく、切るです!

白髪は抜くことは良くありません、それについては別の記事で詳しく書いていますが、今回は割愛します。

増えることはないのですが、毛母細胞が傷つくのでそもそも良くありません。

③に関しては、私も色々と挑戦しておりますが、確かな効果を感じるものが今のところありません。

  • ゴマ
  • 昆布
  • シナモン

などを試していますし、現在もやっていますが、そこまで効果を実感できません。

結局は血流の改善が白髪改善に繋がるのですが、この部分はサプリの方がいいかもしれません。

また実験して、効果があった場合は報告したいと思います。

白髪が少ないならカラートリートメント

非常に長く引っ張りましたが、切る、食べ物以外で言えば、カラートリートメントをおすすめしています。

カラーマスカラやスプレーなどもありますが、あまり肌に良くない上に、面倒なのでやめました。

通常のカラー剤では、先ほどのよろしくない成分、特に過酸化水素が入っております。

過酸化水素は、端的に言えば、老化を進めます。

老化=酸化

というのは、昨今では一般的になってきたかと思いますが。

過酸化水素は酸化させる物質ですから、そんなものをわざわざ使ってしまうと。

一時的には白髪は見えなくなりますが、ドンドン白髪が増えていきます。

増える→また染める→酸化する→増える

の悪循環に陥りますので、非常におすすめできません。

ですので、基本的に過酸化水素が入っているヘアカラー剤は私は避けています。

ではカラートリートメントでは入っていないのかというとそんなことはありません。

白髪が少ない人の白髪染め市販は結局入っている

あるヘアカラー剤の成分です。

色々てんこ盛りですね!

有名白髪染めトリートメントにも、ステアリン酸なんか入っていますからね。

無添加・ノンシリコーンって謳っているのですが、あまり関係なく良くないですね。

私のおすすめは2つです。

新技術で染める方法。

市販であればコレが一番おすすめです。

アトピーな私でも、使うことができ、4日で染まりは実感できました。

その後も不思議な持ちがあります。

もう1つはこちら

先ほど列挙した成分は入っていないとこのと。

白髪が少ない人の白髪染めはその手があったか!おすすめの方法まとめ

白髪って歳を感じるので、凄く嫌ですよね、直ぐに染めたくなります。

そして染めるのが一般的なので、特に何も考えずに市販品を手に取りそうですが。

よく考えて選ばないと、デメリットもあるので、あとで後悔するかもです。

くろ

過酸化水素とラウリル硫酸には要注意ですよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる