おしゃれ染めで白髪も染まる?市販品は何がおすすめ?

おしゃれ染めで白髪も染まる?市販品は何がおすすめ?

市販品のカラー剤の中でも種類は様々あります。

美容師ゆき

白髪染めのカラー剤、おしゃれ染めのカラー剤この2つでも大きな差があるんです。

白髪染めとおしゃれ染めの違いから、どんな物であれば白髪が染まるのか徹底解説致します。

今後のカラー剤選びで迷わなくなるように一読頂ければ幸いです。

目次

市販おしゃれ染めで白髪まで染まる?

おしゃれ染め=白髪が染まらないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実はおしゃれ染めでも白髪は染まります。

ですがいくつか条件があるんです。

  1. 明るいカラーに仕上げる事
  2. ブラウンが多く含まれている事

そもそも白髪染めとは色味が濃く、暗めのカラーになるような製品が多くなっています。

その為、しっかりと白髪が染まる設計にはなっているものの、暗い色しか再現出来ない等のデメリットが付き物です。

しかし、この2つの注意事項を守れば白髪の染まり、透明感ある綺麗な色を再現する事が出来ます。

まずはこの2つの注意事項が重要になってきますので、詳しくご説明致します。

明るいカラーに仕上げる事

おしゃれ染めと白髪染めで違う点として、色味の濃さがあります。

色味の濃さが濃ければ暗い色になり、色味の濃さが薄ければ明るい色になるという事です。

この為、白髪染めは色味が濃いカラー剤になりますので、暗い色に染める場合や白髪をしっかりと染める場合には有効という事になります。

しかし、明るく染めたい場合や白髪を馴染ませたい場合はどうでしょうか?

色味が濃い為、明るくする事は不向きなカラー剤になりますので、こんな時におしゃれ染めを使って染めてみるという事が有効です。

一つ目の条件は明るいカラーにしたい場合のみ、おしゃれ染めは対応出来るという事になります。

ブラウンが多く含まれている事

明るいカラーを楽しむ時におしゃれ染めを使えば良いという事がお分かり頂けたと思いますが、これだけでは白髪が染まらない可能性があります。

美容師ゆき

もう一つの条件は、ブラウンが多く含まれている事です。

ブラウンとは茶色の色素の事で、カラー剤の色味に茶色が多く含まれている事で発色が安定してくれます。

その為、黒髪よりも染まりづらい白髪でも安定した発色が可能になるという訳です。

特に白髪の比率が高い方はこのポイントが重要になります。

という事で、二つ目の条件はブラウンが多く含まれているカラー剤を使うという事です。

白髪も染まるおしゃれ染めのPOINT

ここまでで、白髪が染まる二つの条件を解説させて頂きました。

続いては、より具体的にどんなカラー剤を選べば白髪が染まるのかを色と明るさの観点から深堀していきます。

色選び

まずは色選びについてです。

目安となる色は前述させて頂いたブラウンが目安になります。

美容師ゆき

例えば、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン等がブラウンの色です。

なので、まずはブラウンと名前に書いてあるカラー剤を試して頂く事が重要になります。

逆に染まりにくい色だと、ベージュアッシュといった赤みの入っていない色です。

この色味は、白髪染めのカラー剤でも染まりにくい色になります。

その為、ベージュやアッシュ等の赤みの無い色は、おしゃれ染めのカラー剤では選ばない事が無難です。

明るさ選び

色味が決まったら次は明るさです。

こちらも前述させて頂いた通り、おしゃれ染めを使うなら明るめ一択になります

暗い色のおしゃれ染めを使う事も可能ですが、暗めに仕上げたい場合であれば、白髪染めの方が染まりが良く、メリットがあるからです。

美容師ゆき

なので、おしゃれ染めを使いたい場合は明るいカラー剤を選びましょう。

具体的な明るめの色番だと、8〜10トーンや8〜10レベルを目安にするのが良いです。

これ以上明るくなると、脱色したような色になったり、白髪が染まりにくかったりとデメリットが生じます。

ですので、8〜10の色番を目安におしゃれ染めは選んでみて下さい。

白髪も染まるおしゃれ染め市販3選

ここまでで、どんなおしゃれ染めだと白髪が染まるのか解説させて頂きました。

続いては、ランキング形式でおすすめの市販おしゃれ染めをご紹介させて頂きます。

第3位 ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー

美容師ゆき

こちらは泡タイプのおしゃれ染めで、何と言っても初心者に優しい使い心地が魅力です。

カラーバリエーションも豊富で、ナチュラルライン8色、ニュアンスライン8色の計16色展開しており、白髪も染まるブラウンの色味も勿論ございます。

ただしデメリットとしては、泡カラー全般に言える事ですが、ダメージを感じてしまう事です。

泡カラーには薬剤の吸収を高める、界面活性剤が入っています。

これが、カラーの反応を良くして染まりやすくなる一方でダメージも強めてしまうのです。

こんな事から、どうしても上手く染められないセルフカラー初心者の方だけはこちらで染めてみるのが良いでしょう。

第2位 シュワルツコフ カラースペシャリスト

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

こちらは美容室でも使われるメーカーの、シュワルツコフが発売しているおしゃれ染めです。

オメガプレックスという独自のカラーテクノロジーが配合されており、染め上がりが綺麗で柔らかい質感になります。

また3ステップのトリートメントも付属している為、カラー後のケアもこちらで行えるのはメリットが大きいです。

ただしカラーバリエーションがやや乏しく9種類しかありません。

なので、お好みの色が見つかればこちらを使ってみると良いでしょう。

第1位 パルティ カラーリングミルクヘアカラー

こちらはヘアカラーの色ムラに着目して開発された商品です。

美容師ゆき

髪一本一本にしっかりと薬剤がついてくれる、乳液タイプの薬剤の形状と、他の市販に比べて内容量が1.5倍あるので、たっぷりと塗布出来る事が色ムラを防いでくれます。

トリートメント成分も配合されている事やアフターケアのトリートメントも付いてくるので、髪を綺麗に染めたい方にはぴったりの商品です。

また色味のバリエーションも女性の気分に合わせて選べるようなネーミングになっており、どんな雰囲気の女性になりたいのかで選べるのも嬉しいポイントになります。

こんな商品を使ってみて頂ければ、白髪の髪も明るく綺麗に染め上げる事が出来ますので、是非参考にしてみて下さい。

ちらほら白髪ヘアカラーの場合のおすすめ市販品

まだ完全に白髪は生えていないけど、どうしても、ちらほら白髪が気になるなんて方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にも前述した商品がオススメです。

また完全に白髪が生えていない場合だと、ブラウン系の色味を選ばなくても白髪が目立ちにくくなります。

赤みの少ない色である、アッシュやベージュ等の色味で、より透明感が出せる綺麗な色味でも大丈夫です。

その為、色選びにおいて、よりバリエーションが多く選べるようになります。

ちらほら白髪が気になる方は、前述させて頂いた、明るめのカラーで、自分好みの色味を使ってみてはいかがでしょうか?

おしゃれ染め市販品まとめ

今回は、白髪も染まるおしゃれ染めをご紹介させて頂きました。

美容師ゆき

白髪でも多くの薬剤が選べたり、ダメージレスに綺麗な髪を目指す事が出来るという事が伝われば幸いです。

明るいカラーをしたいけど、いつも染めると暗くなってしまうという方は是非一度、おしゃれ染めのアイテムを使ってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる