使ってはいけないシャンプーランキング【美容師目線】

使ってはいけないシャンプーランキング【美容師目線】

肌の状態や髪の状態では使わない方がいいシャンプーがあります。

どんな成分が入っていると使わない方が良いのか紹介したいと思います。

目次

ラウリル硫酸ナトリウム シャンプー

ここ数十年様々な種類のシャンプーが発売されてきていますね。

美容師ゆき

正直何が違うのか、何が良いのか、どれが自分に合っているのか分かりにくいですよね。

特に頭皮や髪の状態があまり良くないときは、注意して商品を選択したいものです。

まずはシャンプーの種類ですが、大きく分けて3つに分類されます。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

ここ数年注目されているのは、アミノ酸系シャンプーです。このアミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に優しい洗浄成分でできているシャンプー剤です。

しかし高級アルコール系シャンプーはいわゆる昔からあるシャンプーで、ドラッグストアで売られている大半がこちらの高級アルコール系シャンプーになります。

この高級アルコール系シャンプーには、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどといった成分が含まれています。

くろ

硫酸が入っていて大丈夫なの?と思うかもしれませんが、歯磨き粉にも使われています。

美容師ゆき

そして材料費としては安く仕上げることができ、泡立ちもいいので多くのシャンプー剤で使われているのです。

また、洗浄力が強いのもこの高級アルコール系シャンプーの特徴です。

ですので、頭皮が弱い方や乾燥しがちな方、ダメージ毛の方にはこれらのシャンプーは強すぎる場合があります。

強すぎるものを使うと、本来必要な油分や水分が奪われてしまい、頭皮がヒリヒリしたり、フケが出てしまったりします。

ラウリル硫酸ナトリウムなしシャンプー

そこで、頭皮や髪の毛のトラブルでお悩みがある方は、高級アルコール系シャンプーに含まれているラウリル硫酸ナトリウムなどが入っていないシャンプーを選択してみるのも一つの手です。

ラウリル硫酸ナトリウムやラウリス硫酸ナトリウムなどの硫酸系が入っていないシャンプーを選ぶとなれば、アミノ酸系シャンプーが安心です。

アミノ酸系シャンプーはココイル○○や、グルタミン酸○○、ラウロイル○○などといった成分表記のあるものになります。これらの成分は洗浄力としては弱めで、必要以上に油分や水分を奪ったりはしにくいです。高級アルコール系シャンプーよりかは泡立ちはあまり良くないですが、髪の毛にには優しいシャンプーとなっています。

そこで硫酸系の洗浄成分が入っていないシャンプーでおすすめするのが、

こちらはドラッグストアやネットでも買える製品です。頭皮の乾燥やフケ、痒みなどのお悩みの方には特におすすめです。

このシャンプーは植物性のアミノ酸系洗浄成分でできている優しいシャンプーなので、子どもから大人まで使うことができます。

ミノンは敏感肌用の人向けに、ボディーソープやスキンケア商品なども作られていて、とても安心して使える製品です。

かゆみがある場合に避けるべき成分

先ほど説明してきたように、シャンプーにも様々な種類のものがあり、入っている成分も色々です。

美容師ゆき

普段使っているシャンプーでも、体調の変化や日焼けなどで頭皮にかゆみが生じる場合も少なくありません。

こういったかゆみが出たときは、シャンプー選びは慎重に行ってくださいね。

ちなみにかゆみが出たときに避けたい成分としてはやはり先ほどの説明にも出てきた、ラウリル硫酸ナトリウムやラウリス硫酸ナトリウムなどの硫酸系の界面活性剤です。

これらは汚れがよく落ちる一方で、落としすぎるという一面もあるので注意が必要になってくるのです。

かゆみが出にくいシャンプー

とくにかゆみが出にくいシャンプーでおすすめなのが。

こちらの洗浄成分はグルタミン酸系なので優しい洗浄力になっています。

また乾燥した頭皮や髪の毛を保湿してくれる植物オイルも含まれています。

シャンプーで汚れを落としながら保湿もできる優れた製品です。

頭の臭いが強い人シャンプー

夏場や汗をよくかく人は、頭皮の臭いが気になることが多いですよね。

でも実は洗いすぎ、もしくはシャンプーやリンスなどが流せていない、ホルモンバランスの変化などの理由で頭皮が臭ったりすることもあるんです。

洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗い過ぎると、頭皮が乾燥してしまい、水分を閉じ込めようと必要以上の油分が頭皮から出てきてしまいます。

美容師ゆき

そうなると臭いの原因になったりしてしまうのです。男性に多く見られる症状の一つです。

またちゃんと流せていないと雑菌が湧いてしまったりすることもあるので、簡単なことではありますが、きちんとお湯で流すことも大切です。

ですので、まずは臭いが気になった場合、避けたいシャンプーは高級アルコール系シャンプーになります。

ひとまず洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーを使い、頭皮を正常な状態に戻してあげることです。

頭臭いシャンプーおすすめ

頭皮の臭いが気になるときは、できるだけ洗浄成分の優しいもので、さらにカキタンニンという成分が含まれているシャンプーがおすすめです。

カキタンニンは柿渋の主成分で、消臭効果が期待されます。

カキタンニンは抗菌効果もあり、ずいぶん昔から使われてきた成分ではありますが、最近さらに注目を浴びている成分でもあります。

そのカキタンニンが配合されている、おすすめのシャンプーが【薬用太陽のさちEX柿渋コンディショナーインシャンプー 】です。

こちらは消臭成分であるカキタンニンが配合されている、消臭目的のシャンプーです。加齢による臭い対策にもおすすめのシャンプーです。

白髪になるかもシャンプー成分

そもそも白髪になる原因は遺伝やストレス、栄養不足など様々だと言われています。元々髪の毛は白色で、生えてくるときにメラニンがきちんと働けば黒い髪の毛が生えてきます。

ですのでシャンプーが直接的な原因で白髪になるようなことは、基本的にはありません。

強いて言えば、先ほどからご説明しているような硫酸系の洗浄成分の強いシャンプーを使いつづけることです。

髪の毛の栄養分を奪ってしまったり、頭皮の状態を悪くして、結果的に白髪になる要因を作っていることはあるかもしれません。

使ってはいけないシャンプーランキングまとめ

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどといった成分が入っているものは、避けた方が無難かもしれませんね。

くろ

ご自身の体調と相談して、色々と試して自分にあった商品を使うのがマストだと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる