白髪に合うカラー美容師さんに聞いてみた!白髪が活かせるカラーリング!

白髪に合うカラー美容師さんに聞いてみた!

30代で、白髪が気になってくる人が多いようです。

なぜ白髪が増えるのかというと、毛母細胞のメラノサイトという工場で色素細胞からメラニン色素が作られて黒髪になります。

くろ

このメラニン色素が作られなくなることで、髪に色がつかずに白髪になってしまいます。

その原因は、老化・遺伝・栄養不足、睡眠不足・ストレスです。

これらの原因を減らすことが最も重要ですが、それだけでは白髪が増えるのを止めるには難しいこともあるかと思います。

白髪は抜いてはだめで、余計に増えるもしくは薄くなります。

切るか染めるか、放置。

ここでは、美容師さんに聞いた白髪をうまく染める方法をまとめました。 

目次

白髪を生かしたカラーリング

白髪を染めるポイントとしては、リタッチカラーやメンテナンスカラーをうまく利用することです。

リタッチカラーやメンテナンスカラーとは伸びた部分だけ、染め直すという方法です。

これには市販で売っている白髪染めを使うということもできますが、市販の染剤は染料が濃く、色が強く髪へのダメージも大きいです。

それに引き換え、美容室で行えるカラーはダメージはほぼありません。また、ヘアマニキュアやヘナカラーは思い通りの仕上がりとしてはいまいちです。

よって、ヘアカラーという選択が一番よいとされています。

また、白髪を目立たせないためには、かんたんなことですが、色コントラストを少なくすることです。

白髪の対局は黒髪、黒に近ければ近いほど、白髪は目立ちます。

白に近い色程、白髪が目立たなくなるので、そんなカラーリングがおすすめです。

白髪ヘアカラー アッシュ

では実際に、ヘアカラーをする際はどのような色がいいのでしょうか?

それはアッシュを使った色です。アッシュとは青みがかった色味(灰色)のことで、これに他の色を混ぜて白髪の目立たない、且つ自分の好きな色に染めていくのです。

白髪を目立たなくする為に美容室へ行く人の中で、圧倒的に多いのは、アッシュ系の色にしたいという人です。

これは髪の毛の色を外国人風にできることや、アッシュ系の色は白髪と相性が良いということにあります。

アッシュ白髪みたいにならない工夫

なぜ白髪は目立つのかというと、特に日本人は黒髪のため、そこに白が交じるとコントラストによって余計に白色が際立つからです。

そこで全体をアッシュ系にしてあげると、色が中和されたようになって目立たなくなるのです。

また、アッシュでもラベンダーカラーを混ぜると、おしゃれ度や女性らしさが増して、おすすめしたい色味の1つです。

アッシュグレー白髪みたいにならない工夫

アッシュ系のヘアカラーとして、アッシュグレーにするという方法もあります。

これは、くすんだグレーがベースになっていて寒色系のアッシュを混ぜることによって、透明感を出したり、赤みを抑えてくれる効果があります。

美容室で行えるアッシュグレーは、色や明るさの種類が多いのがいいですね!

自身の白髪の量や生え方に合わせてプロが薬剤を選んでくれるので、白髪がわからなくなるのはもちろんのこと、髪が伸びてきたとしても、白髪を染めた部分が目立ちにくくなります。

白髪が目立たないカラーハイライト

まず白髪のケアをするのに美容院へ行く頻度ですが、通常は白髪の割合が60%なら1か月に1回、30〜40%なら1か月半〜2か月に1回程度でよいでしょう。

そしてこの度に全体をヘアカラーするのではなく、ハイライトで白髪と黒い髪を目立たなくする、という方法もあります。

ハイライトは白髪ぼかしとも呼ばれ、白髪のたくさんある部分をきれいな帯状にわざと明るく染める方法です。

白髪であることを活かしておしゃれな髪型にしてしまおうとする人も少なくありません。

白髪ハイライト

白髪が増えてきたからといって、根元を黒くするとすぐに白髪が目立つようになり、逆に老けた印象になってしまうことがあります。

しかし、ハイライトの場合はそもそもがおしゃれに染めているので、人によっては1年に1度や、半年に1度だけ美容院へ行く人もいるようです。

そしてハイライトですが、いくつかの方法があります。

  • 明るめのカラーをしたい人
  • 明るくはしたくない人
  • 地毛から久しぶりに髪を染めるという人
  • 髪の長さ
  • 白髪が全体に生えている人
  • 生え際のみに生えている人

などなど。悩みによってハイライトの入れ方を変えることができることはいいですよね。

ミルクティー髪色も白髪には最適

ヘアカラーよりもグレイカラーよりも透明感の出る白髪対策に、髪色をミルクティー色にするという方法があります。

これは赤みのない柔らかいベージュ系カラーで、赤メラニンの強い人の多い日本人が赤っぽい髪色を消したいときに使う方法です。

白髪により近い髪色なので、よりおしゃれを楽しみたい大人女性に人気があります。

ただ、ミルクティーカラーにするにはブリーチをする必要があります。

ベースの茶色をできるだけ消さなければならないからです。

しかし、もともと白髪で髪が白っぽくなっていたならば、茶色の髪よりもきれいにミルクティー色にかんたんに仕上げることができる出来るわけですね。

またブリーチのメリットとしては、「柔らかい色から濃いめの色まで、幅広い色味を楽しむことができること」「白髪も染まること」があげられます。

しかし反対にデメリットもあります。通常のカラーと比べたら髪の毛への負担は大きく、毛先の色が抜けやすいので、定期的なカラーが必要である、というデメリットです。

白髪に合うカラーまとめ

カラーまとめ
  • アッシュ
  • アッシュグレー
  • ハイライト
  • ミルクティー

この辺のカラーをうまく使って、メリットだけでなく、デメリットを加味して選びたいですね。

私の職場はあまり明るい髪色が好まれる職場ではないので、試せないのが残念です。

白髪を染める系ならば、こちらの記事が参考になりますので良かったらご覧下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる