美容師が教える「部分白髪染め」のおすすめ方法

今回はポイントで一部分だけ染めたい方に、部分白髪染めのご紹介を致します。

美容師ゆき

まだ本格的に白髪染めを初めていない方で、白髪が気になってきたという方が商品を選びやすくなるようなご紹介です。

目次

部分白髪染めしっかりと染まるものが少ない

実は部分白髪染めは、しっかり染まる物が少ないです。

そもそも、部分白髪染めの使い方としてはカラーの後のアフターケアで使われます。

その為、一度シャンプーしてしまうと落ちてしまうタイプのマスカラのような剤形です。

なので、しっかり染めたい方に部分白髪染めは向かないかと思います。

部分白髪染めが合う方は、

  • ちらほらと白髪が数本出てきて、日中だけ隠せれば良い方
  • 白髪染めをしている方で、次の白髪染めする機会までの繋ぎとして使用する方

こんな方が部分白髪染めを使うと、かなり効果が期待出来ます。

部分白髪染め おすすめ商品!

前述でどのような方であれば、部分白髪染めが有効なのか伝えさせて頂きました。

続いては、部分白髪染めのおすすめ商品をタイプ別でご紹介させて頂きます。

部分白髪染めと言っても様々なタイプがあるんです。

それぞれの特徴を踏まえてご説明できればと思います。

部分白髪染めマスカラ

まずはマスカラタイプのおすすめ商品をご紹介します。

マスカラタイプは生え際や分け目に出てきた白髪を簡単にケアする事が出来るのがポイントです。

数本だけカバーしたい時や、数mmの白髪が気になる時にはとても有効かと思います。

しかし、白髪を染めるという事に関してはおすすめできません。

そもそも白髪は染まりにくい髪なので、しっかりとした薬剤を使用しない限りは染まらないのです。

なので、マスカラタイプの商品は白髪を隠すのに使用すると考えていた方が失敗が少ないかと思います。

そんなマスカラタイプでおすすめの商品は

こちらの商品はカラーバリエーションが豊富で、5色から自身の髪色に合わせた商品を選ぶ事が出来ます。

また、ウォータープルーフの仕様になっていますので、汗をかいてしまう日、雨の日でも気兼ねなく使えるのも嬉しいポイントです。

生え際や分け目は細かい髪が多い部分なので、繊細な白髪をしっかり隠したいという方におすすめ致します。

どうしても白髪を染める時間がない、染めたばかりで白髪が気になってきた、という方は日々のお手入れに使ってみてはいかがでしょうか?

部分白髪染めスティック

続いてはスティックタイプのおすすめ商品をご紹介致します。

スティックタイプはマスカラタイプに比べて、塗れる面積が多い事が特徴です。

その為、細かな白髪を隠すのにはマスカラタイプの方が有効になります。

しかし、白髪染めをしてから3週間以上経過した方だと、マスカラタイプでは手数が多くなるので、スティックタイプの方が簡単に白髪をカバー出来ると言えるでしょう。

美容師ゆき

なので、白髪染めをしてから少し期間が空いてしまった方におすすめの商品という事になります。

そんなスティックタイプのおすすめ商品は

こちらの商品は100%天然成分で作られており、地肌に優しいという事が一番のポイントです。

天然成分ながら、カラーバリエーションも3色から選ぶ事が出来、ナチュラルな色味であれば対応可能かと思います。

また、22種類の植物エキスが入っており、髪の艶感や潤いをプラスしてくれるのも女性には嬉しいポイントです。

外出前や出先で、広範囲をサッと時間をかけずに白髪を隠したい、そんな方はこちらの商品を使ってみてはいかがでしょうか?

白髪部分染めドラックストア

最後に、身近なドラックストアでも購入出来る、おすすめ商品をご紹介致します。

どんなドラックストアでも購入出来る部分白髪染めは、スプレータイプの白髪染めです。

スプレータイプは広範囲を素早く隠すのに有効で、外出前や出先で重宝します。

美容師ゆき

しかし、マスカラタイプやスティックタイプ同様に、白髪を染める事は出来ませんので、あくまで白髪を隠す事を目的に使用するのが望ましいでしょう。

そんなドラックストアで買えるスプレータイプは、

こちらの商品はスプレータイプでは珍しく、4色の豊富なカラーバリエーションが魅力的です。

髪に対しての配慮もあり、シリコンオイルが入っているので、艶感をしっかり与えてくれます。

また、カラーリングで頭皮がダメージしてしまう方でも扱える、ジアミンフリーの設計なので安心して使えます。

カラーリングの頻度が少なく、広範囲をすぐに隠したいという方は是非使ってみてはいかがでしょうか?

部分白髪染め落ちないテクニック

部分白髪染めの特徴やおすすめの商品をご覧頂いて、白髪を染める物というよりも隠す事に優れている物という事がお分かり頂けたかと思います。

美容師ゆき

その為、すぐに落ちてしまうというデメリットがつきまとうのです。

そこで、部分白髪染めを落ちないようにする為にはどんな使い方をすれば良いのか、シチュエーション毎に解説致します。

  • 雨や汗をかく時にはスティックタイプ
  • しっかり髪をセットする時にはスプレータイプ
  • 日中髪を触る機会が多い方はマスカラタイプ

雨や汗をかく時にはスティックタイプ

部分白髪染めは水分にとても弱いです。

雨や汗は天敵と言っても過言ではありません。

そんな時に落ちにくく、再度修正する事が出来るのがスティックタイプです。

スティックタイプは塗ってから約10秒程で硬化するタイプになりますので、固まってしまえば簡単には落ちません。

また、仮に落ちてしまっても再度塗り直す事も容易ですので、雨や汗をかく日にはスティックタイプを使用する事で持ちが良くなります。

髪をセットする時にはスプレータイプ

ブローやカーラーでカールをつけた髪に、ボリュームを損なわず、白髪を隠したい。

そんな時におすすめなのがスプレータイプです。

スティックタイプやマスカラタイプだと、最初は液状ですので、ブロー等をした後に付けてしまうとボリューム感が損なわれてしまいます。

また、ブロー等をする前に付けたとしても、固まってしまうので、上手くスタイリングが出来ず、白髪染めを落としてしまう事があるでしょう。

美容師ゆき

しかし、スプレータイプであれば細かなミスト状で広範囲に付けられますので、ブローした後もボリューム感を損なわずに白髪を隠す事が出来ます。

また髪を固める作用もスプレーにはありますので、スタイリングスプレー代わりに使うのも有効です。

しっかりと髪をセットし、スタイリングを固めたい場合にはスプレータイプを使用する事で、持ちが良くなります。

髪を触る機会が多い方はマスカラタイプ

女性の方は髪が長い方も多いので、髪を触る機会も多いと思います。

そんな髪を触る機会が多い女性にはマスカラタイプがおすすめです。

マスカラタイプは一番繊細に、細かい白髪を隠す事が出来ます。

その為、広範囲に白髪染めを付ける事なく、カバー出来るのが最大のメリットです。

広範囲に白髪染めがついていると、うっかり触ってしまった時に色が落ちてしまったり、手についてしまったりします。

このようなトラブルを起こしにくく、再整髪可能な部分白髪染めがマスカラタイプです。

髪の長い方や、結んだり下ろしたりを繰り返す方はマスカラタイプを使用する事で持ちが良くなります。

部分白髪染めのおすすめ方法まとめ

今回は部分白髪染めについて解説させて頂きました。

白髪染めと表記されていても、部分白髪染めは白髪を隠す用途で使われる事が大半です。

この記事をご覧頂いて、どんな場合であれば有効に部分白髪染めを活用出来るのか伝われば幸いでございます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる