白髪がかゆい!原因はなに?対策法あります!

白髪がかゆい!原因はなに?対策方法あります!

かゆいのは異常なの?そんな不安がよぎることありますよね。

検査技師くろ

今回はそちらの疑問に、回答いたします!

目次

白髪がかゆい理由とは?なぜ?

年齢と共に増えることの多い白髪。

白髪が気になり始めてから、かゆみが気になるようになったという人も少なくないのではないでしょうか?

白髪が増える事でかゆくなるのは、以下の3つの理由が考えられます。

①黒髪より白髪の方が直径が太い

資生堂とキリンビールの共同研究により、黒髪よりも白髪の方が太いとの研究結果がでています。

参考資料:『資生堂の白髪研究による最新知見について

黒髪と白髪の直径を比べると平均してみると0.05mmほど太さの違いがあります。

髪の毛は、元々黒いわけではなく、髪の毛は生まれたときにはすべて白髪として生まれてきます。

毛穴の奥には毛母細胞と呼ばれる部分があり、そこで髪の毛が作られます。

そして、髪の毛が成長するにつれ毛母細胞の周りにあるメラノサイト(色素細胞)で作られたメラニン色素を取り込み、毛髪が黒く変化していくのです。

検査技師くろ

しかし、加齢に伴いメラニン色素を生成する力が減っていくため、白髪が増えていくようになるのです。

つまり元々の毛穴部分は変わらないのに、生えてくる髪の太さが変わってしまうために、違和感を感じかゆみを感じる原因となっているのです。

②頭皮の血行不良

頭皮が硬くなり血行が悪くなることでかゆみを引き起こしている場合があります。

また、血行不良になることで白髪が誘発される原因にもつながります。

白髪の原因の一つはメラニン色素不足によるものですが、メラニン色素は毛根部分にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞で生成。

生成の際に必要な栄養素は血液を取ってメラノサイトに運ばれますが、血行不良になると必要な栄養素が届かなくなってしまいます。

そのため、頭皮の血行不良はかゆみと白髪の原因になってしまうのです。

③サイトカインによりかゆみが誘発されている

白髪はメラノサイトという色素細胞が死滅したり異常を引き起こしたりした結果、メラニンが生成しなくなることにより発生します。

細胞が死滅したり、何らかの異常を引き起こすと「サイトカイン」という情報伝達物質が生成され、それにより炎症を引き起こしてかゆみを感じるようになってしまうのです。

そのため、白髪に気付く前にかゆみを感じることも多く、かゆみを感じたら白髪が増えていることに気付いたという人も少なくないでしょう。

後頭部の白髪がかゆい

後頭部は、白髪が少ないという研究結果もありますが、頭頂部には白髪ができないというわけではありません。

後頭部に白髪が集中しているという場合には、2つの原因が考えられます。

①婦人科系や生殖器系の不調

後頭部のみに白髪が集中しているという方は、婦人科系や生殖器系の不調のサインかもしれません。

特に多い不調が生理不順などのホルモンバランスの乱れです。

生理不順は最悪の場合には卵巣の起草などに悪影響を及ぼしてしまいますので、心当たりがある場合には医療機関を受診するようにしてくださいね。

②摩擦

検査技師くろ

後頭部のみに白髪が増えたという場合には、睡眠時のまくらと頭皮の摩擦刺激が原因かもしれません。

人は寝ている間に何度も寝返りを打ちますが、その際にまくらがあっていないと頭皮とまくらの間に摩擦刺激が起こってしまいそれが白髪の原因になる場合もあるのです。

後頭部に白髪が集中している場合には、まくらを変えてみるのもいいかもしれませんね。

陰毛(アンダーヘア)白髪までかゆい

陰毛部分が白髪になるのは毛髪同様メラニン色素に働きによるものですが、その原因はいくつか考えられます。

主な原因として考えられるのは次の4つです。

  • 老化
  • ストレス
  • 不摂生な食生活
  • 睡眠不足

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

老化

白髪の一番多い理由としては老化が考えられます。

加齢に伴い、メラニン色素を生成する機能が衰えてしまった結果、白髪が増えてしまうのです。

ただし、すべての人が白髪になるわけではなく、なりやすい人となりにくい人が存在し、遺伝的な要素が大きいとされています。

ストレス

陰毛部分の白髪は、老化によるものだけでなく心労やストレス的な要素も大きくかかわってきます。

特に、急激に白髪が増えたという人は、ストレスによる可能性を疑いましょう。

メラノサイトは神経細胞から分化しているため、精神的な部分により多分に影響を受けます。

精神的な疲労を感じる度合いが大きくなると、活性酸素を増やしてしまい血管が収縮し、十分な栄養素がメラノサイトに届けられず白髪が増えてしまう原因となります。

不摂生な食生活

忙しくなるとファーストフードなどで食事を済ませるという人もいるかもしれませんが、それが続くと栄養素が不足してしまいメラノサイトへ十分に栄養素が行き届きません。

メラノサイトは血液から栄養素を受け取ることで活動を維持しています。

検査技師くろ

しかし、不摂生な食生活による栄養不足は、色素生成に必要な栄養が不足してしまい、白髪になるリスクが高くなります。

不摂生な食生活や過度なダイエットにより白髪が増えた人は、食生活を見直してみましょう。

睡眠不足

人は睡眠をとることで心身のリフレッシュをはかりますが、睡眠時間が不足してしまうと、体に大きな負荷がかかってしまいます。

体に負荷がかかると血管が収縮してしまい、メラノサイトが正常に機能しなくなってしまうため、白髪が増える原因となります。

フケと白髪の関係

白髪と同時にフケが気になるようになった場合には、頭皮環境の悪化を疑いましょう。

毛穴のつまりや頭皮が過度に乾燥するとフケの発生原因となります。

フケが発生してしまっている場合、頭皮が清潔に保てておらず、細菌が繁殖してしまいます。

細菌が繁殖すると、頭皮のターンオーバーが乱れてしまい、毛根に影響を及ぼし、メラニンの生成機能が停滞してしまい、白髪が増えるリスクを高めてしまいます。

フケが発生したからといってすぐに白髪が生えるようになるわけではありませんが、フケが常時発生するような頭皮環境のままでいると、白髪が一気に増えてしまう場合も…。

フケが気になるという人は、早めのケアをすることで白髪予防にもつながります。

白髪がかゆい!抜くのは?

「白髪がかゆくて気になるから抜きたい!」と感じたことがある人はきっと多いのではないでしょうか。

白髪を抜いたら白髪が増えると聞いたことがある人もいるかもしれませんが、白髪を抜いた刺激で更に白髪が増えるということはありません。

でも、白髪は決して抜いてはいけません!

白髪を抜いていけない理由は主に2つあります。

毛根へダメージを与えてしまう

白髪といっても生えている髪の毛を無理やり抜くことで、毛根にダメージを与えてしまいます。

毛根にダメージを与えると、新しい髪が生えてこなくなってしまい薄毛の原因にもなります。

人の行動が習慣となるまでの期間は1ヵ月とも言われています。

「白髪を見つける⇒抜く」という行為を繰り返し行う事で白髪を抜くのが習慣化してしまうと、意識しても直すことが難しくなってしまいます。

そうなる前に、白髪を抜くという行動を今すぐに辞めるように心がけてくださいね。

髪の成長サイクルに影響を与えてしまう

髪の毛はずっと同じ髪の毛が生えているわけではなく以下のようなサイクルで成長を続けています。

  1. 成長期:毛母細胞が活発に分裂し成長する(約4~6年)
  2. 退行期:毛母細胞の分裂スピードが低下し、頭皮の浅い部分に移動すし、成長がとまり始める(約3週間)
  3. 休止期:髪の毛の成長は止まる(約3~5カ月)
  4. 脱毛:休止期を終えると髪の毛は抜け落ち、再び発毛が始まり成長期に入る

このような髪の毛のサイクルを毛周期といいます。

白髪を抜くことは、成長期にある髪の毛を抜いてしまい、髪の毛の成長サイクルの乱れにつながってしまいます。

結果として、その部分には二度と毛が生えなくなってしまう可能性もあります。

白髪がかゆいのではなく頭皮に原因

白髪が生えてくる原因は人によって違いますが、白髪そのものがかゆいというわけではありません。

かゆみの直接の原因は頭皮環境の悪化にあります。

  • 頭皮が清潔な状態に保たれていない
  • 頭皮に正常な栄養がいきわたっていない
  • 頭皮が炎症を起こしている

これらの理由により頭皮自体が炎症を起こしてしまいかゆみを引き起こす原因となります。

頭皮が炎症を起こすとかゆみを引き起こすだけでなく、髪の毛の発育に悪い影響を与えてしまい結果として白髪も増えてしまいます。

検査技師くろ

そのため、白髪が増えると頭がかゆくなると思われがちですが、白髪そのものがかゆみを引き起こすわけではなく、かゆみの原因は頭皮の炎症によるものです。

かゆみを放置しておくと、白髪が増えたり、フケ症が進行したり、薄毛や脱毛につながる原因となります。

かゆみを感じる場合には放置せずに、早めに対処するようにしてくださいね。

白髪かゆみ対策シャンプー

白髪は年齢と共に生えてくる自然現象ともいえます。

しかし、なるべくなら白髪やかゆみを気にせず過ごしたいものですよね。

白髪やかゆみへの対策でオススメなのが白髪ケアシャンプーです。

白髪ケアシャンプーを使うメリットは主に以下の3つ。

  • ケアが手軽にできる
  • シャンプーを変えるだけなのでコスパが良い
  • 継続してケアを行いやすい

一方デメリットもあります。

  • 白髪を根本から治すことはできない
  • 配合成分によってはアレルギー反応が起こってしまう

白髪染めなどもありますが、どうしても時間がかかってしまい、手間がかかってしまいますし、かゆみを軽減する事にはつながりません。

白髪ケアシャンプーであれば、頭皮のケアから行うことができるため、かゆみをおさめることにもつながります。

髪質などにより合う合わないはありますので、いくつか試してみて一番使いやすいものを選ぶことが大切。

ここでは、白髪ケアとして人気のシャンプー3選をご紹介していきます。

【KAMIKA】クリームシャンプー

白髪かゆみ対策シャンプー

髪によい「ヘマチン」「メリタン」などの9種類の植物エキスを配合したクリームシャンプーです。

検査技師くろ

泡立てて洗うのではなく、クリームタイプのため、頭皮に必要な水分や油分を残して洗い上げることが可能。

トリートメント感覚でマッサージにも最適なシャンプーです。

【haru】kurokamiスカルプ400mL

白髪かゆみ対策シャンプー

100%天然由来のシャンプーで、美容成分がたっぷり配合されているシャンプーです。

白髪ケアはもちろん、フケやかゆみ、ニオイ、紫外線ダメージなどもケアすることができます。

美容成分が配合されているため、髪を洗うだけでハリ・コシ・ツヤを出せるのも魅力のシャンプーです。

【noireflet(ノ・アルフレ)】シャンプー

100%天然由来洗浄成分の超低刺激のシャンプーです。

成分にもこだわり16種類のオーガニック成分をア配合。

髪への刺激が少ないため、優しく洗い上げながら髪と頭皮をケアすることができます。

香りもレモングラス、オレンジ、ラベンダーの中から好きな香りを選択可能。

好みの香りで毎日楽しく髪のケアができるシャンプーです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる