肌に優しい白髪染めは市販であるのか?選ぶポイントを美容師が解説

肌に優しい白髪染めは市販であるのか?選ぶポイントを美容師が解説

自分の髪の毛に白髪が出始めた時、多くの人は「白髪染め」をしようかどうか考えるのではないでしょうか。

実際に自分で白髪染めをされている人もいるでしょう。

くろ

私もなのですが、白髪染めを使い始めて頭皮がかゆくて困っている、ヒリヒリして痛くて苦しんでいる人はいませんか?

実はその白髪染め、頭皮や体内にまで悪影響を及ぼしている可能性があります。

では、肌に優しい白髪染めなどあるのでしょうか?

どうやって白髪染めを見極めたらよいのでしょうか?

自分に頭皮や髪に合ったものを見つけるためのポイントを解説していきます。

目次

白髪染めトリートメント 肌に優しいモノは?

肌に良いとされている白髪染めトリートメントをそのまま信じて使っていませんか?

それらのトリートメントも実はあまり良くないのです。

なぜならば、ほとんどの市販されている白髪染めには以下のような頭皮に刺激を与えてしまう成分が含まれているからです。

  • ジアミン
  • 界面活性剤
  • 過酸化水素水
  • ラウレス硫酸
  • パレス硫酸
  • シリコーン
  • パラベン
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • ニトロベンゼン

これらの成分が頭皮がヒリヒリする頭皮がかゆい髪の毛がパサつくといった頭皮トラブルを引き起こすのです。

しかし、これらの成分は肌に良くないと分かっても、実際にこれらが完全に除外されているトリートメントを探すのは難しいことなのです。

では、肌に優しい白髪染めを選ぶために注目すべき成分について紹介します

ジアミン成分

ジアミンは、ヘアカラー剤の代表的かつ不可欠な成分です。市販のヘアカラー剤や美容室で使用されているヘアカラー剤でもほとんどジアミンが含まれています。

この成分が含まれていることで、ヘアカラー後の色もちが長続きするなどのメリットがあります。

市販のヘアカラー剤にはどんな人が使用してもちゃんと染まるよう、ジアミンも多く含まれています。

くろ

しかしアレルギーの原因とも言われています。

具体的には頭皮がかゆくなったり、赤く腫れるといった症状です。

こういったアレルギー症状を1度でも起こしてしまった場合、ジアミンの含まれていないヘアカラー剤を選んでください。

ジアミン系成分を取り除くことだけでも、肌トラブルの多くは解決できます。

過酸化水素

過酸化水素は脱色(ブリーチ)に使用される成分で別名オキシドールとも呼ばれています。消毒作用、殺菌作用があり、洗濯用漂白剤などにも含まれています。

この過酸化水素を加え、ヘアカラーの染料を酸化させることによりヘアカラーが発色するのです。

しかし「酸化=老化、加齢」 という関係性を持ち、この過酸化水素が白髪の原因となり得るのです。

つまり、ヘアカラーをすることが白髪の原因と言えるのです。

しかしながら、髪の毛を染めるためには使わざるを得ないということで市販のヘアカラー剤に過酸化水素が使われているのが現実です。

その結果、頭皮がヒリヒリして痛いといった症状が出てしまうのです。

この痛みを除去するためには、過酸化水素の成分が入っていないヘアカラーを使うことです。

具体的には、ヘアマニキュア、カラートリートメント、ヘナといったものです。

以上のように、今取り上げた2つの成分を除去した白髪染めを使用することによってたいていの肌トラブルの悩みは軽減されます。

敏感肌の白髪染めを美容室ではどうしているのか?

頭皮の肌トラブルに悩みを持っているものの、白髪染めはやりたいと考えている人は多いはずです。 

敏感肌で悩んでいる人たちはその悩みを、いつも通っている美容室に相談することも多いと思います。

くろ

美容室では肌の弱い敏感肌のお客様には髪のプロとしてどのように対応をしているのでしょうか?

美容室と市販のカラー剤の違い

美容室のカラー剤と市販のカラー剤では、かなり違いがあります。

しかし具体的にはどのように違っていて、その違いがどんな効果をもたらすのかご存じでしょうか?

まずカラー剤の違いについて解説していきます。

市販の薬剤と美容室が使用する薬剤の違いの一つに、「アルカリ剤」があります。

市販のカラー剤には、このアルカリ剤が強めに含まれています。

なぜならば誰でも綺麗に染まるようにするためです。

美容室では、リタッチと呼ばれる根元の伸びてきた部分にカラー剤を施します。

毛先部分においては、アルカリ剤の少ないカラー剤を使用するなど極力ダメージを小さく抑えるようにしています。

美容師ゆき

さらに美容室では、お客様の髪の毛の質や状態を見て薬剤を選び調合しているのです。

また、美容室ではプロでしか扱うことのできない成分があるのです。

その違いによって頭皮や髪にダメージを与える、過酸化水素やアルカリ剤を肌へ蓄積させない効果が出せるのです。

これは市販のカラー剤との大きな違いでもあり、肌へのダメージにも随分と差がつきます。

プロの染め方

敏感肌へのダメージを減らす方法として、美容師の染め方の技術があります。

これまでは、髪の毛の染まり方に重きを置いていたため、いわゆる「ベタ塗り」とよばれる方法を用いていました。これは、地肌にカラー剤が付いてしまっていました。

しかし、この方法では敏感肌の人にとっては「かゆい」「染みる」などという声も良く聞かれたのです。

今では、従来のブラシではなく専用のコームを使って、地肌に薬剤を付けない「ゼロテクニック」という施術方法でカラーをする美容室が増えています。

そうすることにより、肌へのダメージやストレスが軽減されるのです。

敏感肌のお客様にとっては、地肌に薬剤が付かなので安心して白髪染めをすることができるのです。

美容室では敏感肌のお客様の為に使用するヘアカラーの薬剤の選別から調合、施術方法までそれぞれの髪の状態に寄り添って対応をしているのです。

美容師ゆき

一人一人の状態に合わせて、施術出来るのが美容室のメリットです。

市販のヘアカラー剤に比べると、美容室で使うヘアカラー剤は肌へのストレスの軽減を十分に考えられています。

ですので基本的には、頭皮トラブルを抱えて悩んでいる人は美容室を利用して白髪染めをすることをオススメします

ヘアカラートリートメントで安全性を求めるなら

それでも美容室に行くのは面倒、そしてコストもかかるから、お手軽にいい市販品はないかな?と思いますよね。

くろ

アトピー持ちの私は、市販品で肌に優しいヘアートリートメントを探していました!

しかし実際には「肌に優しい」と謳っているヘアートリートメントはたくさん出回っていて、どれを選べばいいのか正直わ分からない方が多いと思います。

そんな頭皮への悩みを持つ方、トリートメント選びに困っている方にオススメしたい商品がこちら。

このヘアートリートメントの特徴はこの通りです。

  • 22種類の100%天然由来エキス配合
  • 無添加、無香料
  • 白髪染め特有のツンとしたにおいがしない
  • カラーはライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3種類
  • 男女兼用

肌の弱い敏感肌でお悩みの方も安心してお使いいただけます。

内容量も150グラムで週に1度の利用で約1カ月ほど使えます。

トリートメントなので、しっとりとした仕上がりになるのも嬉しいですよね。

肌に優しい白髪染めは市販であるのか?まとめ

これまで、白髪染めの成分や白髪染めが頭皮や髪の毛に及ぼす影響についてお話してきました。

頭皮が「かゆい」「しみる」「痛い」などの悩みに苦しんでいる方、敏感肌のトラブルの原因が分からず白髪染めを諦めていた方も諦める必要などないのです。

トラブルの原因がわかれば解決方法も見つかります。

誰でも若々しく過ごしたいと思うことは当たり前です。

この記事を読んで、少しでもみなさんの悩みが軽減されれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる